「WWDC 2018」参加者に限定ノベルティグッズが配布中 昨年と同じくデニムジャケットとピンバッジ

今晩、Appleは年次開発者会議「WWDC 2018」を開催する。同イベントの初日には基調講演が予定されており、多くの開発者・ジャーナリストが現地に足を運んでいるが、「WWDC 2018」の会場ではすでに事前受付が開始されているようだ。

例年は「WWDC 2018」の事前登録を済ませると、参加者だけが貰えるノベルティグッズが配布されるが、早くも参加予定の方々から今年配布されたグッズに関する報告が寄せられているので、詳しく紹介したい。

昨年同様、Levi’sのデニムジャケットとピンバッジが配布

今年配布されたのは、昨年とほぼ同じくLevi’sのデニムジャケットとAppleのサービスや製品に関連したピンバッジ。夜中のサンノゼは風が強く寒いためデニムジャケットの配布は嬉しいはず。さらに、参加者の出身国が分かるように国旗をモチーフにしたピンバッジも配布されているようだ。

配布されたピンバッジを使って、デニムジャケットを自由にデコレーションをすることができるため、参加者は各々好きな位置に着けたりしている様子。また、配布されたピンバッジはひとりひとり異なるため、参加者間でピンバッジを交換している人もいるという。

ちなみにデニムジャケットに関しては、昨年は「WWDC17」という文字が縫い付けられていたが、今年は「WWDC18」というバッジが着けられているようだ。

「WWDC 2018」は6月4日から6月8日までの5日間にわたって開催される予定。初日には基調講演(キーノート)が実際され、「iOS 12」などの次期OSに関する発表が予定されている。そのほか、望みは薄いが新製品に関する発表もあるかもしれない。

また、基調講演後には多数のセッションが用意されており、Appleの新サービスや新OSに関する発表が行われる予定となっている。それぞれのセッションはライブ配信が用意されているため、参加が叶わなかった人も日本から視聴が可能だ。

基調講演は日本時間6月5日午前2時から開催予定。当サイトでも速報記事を掲載する予定なので、イベントの発表内容を知りたい方は是非ご覧いただきたい。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

[ img via iMore ]

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。