「iOS 15」 WWDCで正式発表。新機能やリリース日などまとめ

現地時間6月7日、Appleは開発者向けイベント 「WWDC21」 の基調講演をオンラインで配信。次期iOSの 「iOS 15」 を正式発表した。

「iOS 15」 では、FaceTimeやiMessageなどに多数の新機能が追加されることが明らかにされている。当記事では基調講演の発表をもとに 「iOS 15」 の新機能をまとめてみた。今秋の正式リリースまでの予習にぜひ活用していただきたい。

① FaceTime

空間オーディオ対応

FaceTimeにおける通話が空間オーディオに対応。実際に顔を合わせて話をしているように話者の方向がわかるように。

グリッド表示

全ての話者が同じ大きさのタイルに表示される 「グリッド表示」 が新たに登場。話しているユーザーが白色の枠で強調されるため、誰が話しているか一目瞭然。

ノイズアイソレーション

ノイズアイソレーションに対応し、相手の声をもっとクリアに聞くことが可能になる。声と雑音を機械学習で分離。声だけを届けることが可能だ。

ポートレートモード対応

自身の背景をぼかし、遠近感のある映像を相手に届けることができる。

FaceTimeリンク機能

FaceTimeの通話部屋のリンクを共有することが可能。リンクを受け取った人は、ワンタップでFaceTime通話に参加することが可能だ。AndroidやWindowsなどのApple製品以外でも、ブラウザ上でFaceTime通話に参加できる。

SharePlay機能

SharePlay機能は、FaceTime通話中に音楽や映像を一緒に視聴できる機能。キャプチャして相手に送信する仕組みではなく、それぞれがコンテンツを同時に再生する機能になる。

コンテンツは同期された状態で再生されるため、同じ部屋で視聴しているように楽しめる。人と会いづらくなっている今の世界情勢を反映させた機能とみられる。ちなみにSharePlayはAPIが開発者に提供されるため、対応したコンテンツであれば利用することが可能だ。

SharePlayはピクチャ・イン・ピクチャに対応。チャットとコンテンツの視聴を両立できる。なお、「Apple TV」 に再生場所を移すスマート機能も。

② 通知

デザインの一部刷新

通知アイコンが従来よりも大きく。誰から届いた通知なのか、もっと見やすくなる。

Notification Summary

届いた通知をシチュエーション・任意の優先順位に沿って、自動的にまとめてくれる機能。指定した時間に表示させることが可能だ。

集中モード

「Focus (集中モード)」 が実装される。集中モードは、仕事・プライベートなどなにかに集中したいときに使うと便利なモード。重要なアプリの通知だけを表示したり、使用できるアプリを制限することが可能だ。

集中モードは特定の場所や時刻を察知し、有効化を提案してくれる機能が用意されている。他のデバイスとも同期することができるため、iPhoneは通知が来ないけれど、iPadに通知が届くといったことは起こらないようだ。

自らのステータスを 「取り込み中」 「おやすみモード」 などにしておくと、相手がメッセージを送信しようとしたとき、通知をブロックできるとのこと。「集中モード」 によって通知がブロックされた場合には、そのユーザーが現在連絡できない状態である旨が自動で送信者に表示されるという。

ただし大事な連絡をスルーしてしまわないよう、緊急のメッセージは集中モードの抑制対象にはならないとのことだ。集中モードは自身の使い方にあわせて適宜カスタマイズできる。

③ Live Text

Live Text機能は、ホワイトボードやポスターなど文字が書いてあるものを撮影した際、書かれている文字を認識するORC機能。認識した文字は、コピー&ペーストすることが可能だ。

対応言語は英語、中国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語の7言語。日本語は残念ながら非対応。iPhone、iPad、Macで利用可能。

④ 写真

撮影した写真たちをドラマティックに閲覧できるメモリー機能に、Apple Musicの楽曲を使用可能に。写真の特徴から合う楽曲を自動的に選んでくれるとのことだが、好きな音楽を再生することもできるという。

⑤ Wallet

クレジットカードやSuicaなど電子マネーカードを登録できる 「Wallet」 。自宅の鍵やホテルの鍵を登録できるように。ハイアットリージェンシーブランドのホテルが対応することが明かされている。そのほか、米国では運転免許証を登録できるように。

⑥ 地図アプリ

地図アプリは、いままで以上の地図情報の詳細表示が可能に。

Google Earthのように地球儀の表示に対応する。各都市の位置関係がビジュアル的に分かりやすくなる。

標高の表示に対応するほか、より詳細なランドマーク表示にも対応。

ナビゲーションも3Dグラフィックによる立体表示に対応し、インターチェンジや分岐の俯瞰表示に対応。視覚的に分かりやすいナビゲーションが可能だ。もちろんApple CarPlayでも利用可能。

また、ARナビゲーション機能にも対応。周囲を撮影することで、カメラにナビゲーションがAR表示され、目的地までの道のりを目視で確認できる。このARナビゲーションはまずロンドン、ロサンゼルス、ニューヨーク、フィラデルフィア、サンディエゴ、サンフランシスコのベイエリア、ワシントンD.C.で利用可能になる。

⑦ 「あなたと共有」 機能

メッセージで共有された記事や音楽、テレビ番組、写真などを各アプリで優先的に表示してくれる 「あなたと共有」 機能が新たに追加される。

同機能により、家族や友人からオススメしてもらったコンテンツを後から確認しやすくなる。

⑧ AirPods

Airodsに、複数の新機能が追加される。

会話ブースト

相手の声を聞き取りやすくする機能。

Separation Alert

AirPodsから離れると警告を表示する機能。

探すアプリに対応

探すアプリに対応し、AirTagのようにAirPodsを探すことができる。


「iOS 15」 は今秋リリース予定。本日から開発者向けにデベロッパープレビューが公開されているほか、7月にはパブリックベータ版も公開される予定だ。

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。