「iPadOS 15」 新機能まとめ、対応デバイスや配信時期なども。マルチタスクやクイックメモなど新機能多数

現地時間6月7日、Appleは開発者向けイベント 「WWDC21」 の基調講演をオンラインで配信。次期iPadOSの 「iPadOS 15」 を正式発表した。

「iPadOS 15」 では、iPadの広い画面を生かしたマルチタスク機能の強化や、ホーム画面にウィジェットを配置できるようになるなど多数の新機能が追加されることが明らかにされている。

当記事では基調講演の発表をもとに 「iPadOS 15」 の新機能をまとめてみた。今秋の正式リリースまでの予習にぜひ活用していただきたい。

① ホーム画面

「ウィジェット」 と 「Appライブラリ」 機能が、iPadOSでも利用可能に。

ホーム画面に 「ウィジェット」 を配置できる。「Appライブラリ」とは、iPadに入っている大量のアプリをジャンルやよく使うアプリなどに自動で分類してくれる便利機能。iPhoneでは昨年公開された 「iOS 14」 で利用できるようになっていたが、iPadでは利用できなかった。

ウィジェットの置く位置は、ユーザーの好きな場所を指定できる。もっとも多く使用するウィジェットは一番端っこに置いて多くなどすると便利かもしれない。

② マルチタスク

今回の最大の進化とも呼べるのが、「マルチタスクの改良」 かもしれない。iPadのマルチタスク機能が、いままでよりもっと柔軟に利用できるよう変更される。

まずは、従来のマルチタスク機能を使いやすくする改良。画面上部に追加されたマルチタスクメニューからSplit Viewやセンターウィンドウモードが選択可能に。

iPadでは、ふたつのアプリを画面左右に分割して同時表示する機能 「Split View」 がすでに提供されていたが、さらに3つ目のアプリを開けるマルチタスク機能 「センターウィンドウモード」 が新たに追加。ウィンドウをシェルフに収納することで、切り替えも簡単。

③ クイックメモ

Apple Pencilを使ってすばやくメモを取れる 「クイックメモ」 機能が追加。現実のメモのように、気になったことを簡単にメモしておくことができる。

クイックメモにSafariのURLをペーストしておけば、直接そのページに遷移することもできる。クイックメモはiPadOSだけでなくmacOS・iOSでも編集可能だ。

④ 翻訳

「翻訳」 アプリに自動翻訳機能が追加。ユーザー間の会話をリアルタイムで聞き取り、翻訳してくれる。

また、システム全体での翻訳が利用可能になったことで、Safariやメールなど、どこにあるテキストでも翻訳することが可能に。

システム全体での翻訳はiPadOSだけでなくiOSとmacOSでも利用可能だ。

⑤ FaceTime

空間オーディオ対応

FaceTimeにおける通話が空間オーディオに対応。実際に顔を合わせて話をしているように話者の方向がわかるように。

全ての話者が同じ大きさのタイルに表示される 「グリッドビュー」 も登場。

ノイズアイソレーション

ノイズアイソレーションに対応し、相手の声をもっとクリアに聞くことが可能になる。声と雑音を機械学習で分離。声だけを届けることが可能だ。

ポートレートモード対応

自身の背景をぼやかし、遠近感のある映像を相手に届けることができる。

FaceTimeリンク機能

FaceTimeの通話部屋のリンクを共有することが可能。リンクを受け取った人は、ワンタップでFaceTime通話に参加することが可能だ。AndroidやWindowsなどのApple製品以外でも、ブラウザ上でFaceTime通話に参加できる。

SharePlay機能

SharePlay機能は、FaceTime通話中に音楽や映像を一緒に視聴できる機能。キャプチャして相手に送信する仕組みではなく、それぞれがコンテンツを同時に再生する機能になる。

コンテンツは同期された状態で再生されるため、同じ部屋で視聴しているように楽しめる。人と会いづらくなっている今の世界情勢を反映させた機能とみられる。ちなみにSharePlayはAPIが開発者に提供されるため、対応したコンテンツであれば利用することが可能だ。

SharePlayはピクチャ・イン・ピクチャに対応。チャットとコンテンツの視聴を両立できる。なお、「Apple TV」 に再生場所を移すスマート機能も。

⑥ Safari

Webページの情報をより多く表示できるようにタブのデザインを刷新する。

新機能として 「タブバー」 「タブグループ」 が導入される。タブバーはタブとツールバーおよび検索フィールドがコンパクトに結合し、Webページと同じ色を採用することでブラウジングをより快適にするというもの。

タブグループは、頻繁にアクセスする複数のタブを保存しておける機能。iPadだけでなくMacやiPhoneとも同期し、どのデバイスからも作業を再開できる。友人や家族とも簡単に共有可能。

また、今後はiPadのSafariでも拡張機能が利用できるように。拡張機能はApp Storeから入手可能だ。

⑦ ユニバーサルコントロール

1組のマウス、キーボードでiPadとMacの両方を操作できる、ロジクールのFlowのような機能。

Macのマウス、トラックパッドのカーソルをツーッとiPadに移動させることで、そのままiPadを操作できるように。もちろん、その逆も可。ドラッグ&ドロップも可能。

フリックでiPadのホーム画面に戻ったり、スワイプでアプリケーションのページを動かすことも可能だ。接続できるデバイスは3台、iMacとMacBook、iPad Proの3台で使用するなんてことも可能だ。

⑧ 通知

デザインが刷新

通知アイコンが従来よりも大きくなり、誰から届いた通知なのか、もっと見やすくなる。

Notification Summary

届いた通知をシチュエーション・任意の優先順位に沿って、自動的にまとめてくれる機能。指定した時間に通知を表示させることが可能。

集中モード

「Focus (集中モード)」 が実装される。集中モードは、仕事・プライベートなどなにかに集中したいときに使うと便利なモード。重要なアプリの通知だけを表示したり、使用できるアプリを制限することが可能だ。

「おやすみモード」 「睡眠」 「パーソナル」 「仕事」 の4つのモードがデフォルトで用意されていて、それぞれのシチュエーションにあった通知を行ってくれる。自身の使い方にあわせて適宜カスタマイズもできる。

位置情報やアプリの使用状況などのシグナルに基づいて、適切なタイミングで自動的に有効化してくれる機能が用意されていて、いちいち有効化せずとも適用してくれるようだ。

また、他のデバイスとも同期することができるため、iPhoneは通知が来ないけれど、iPadに通知が届くといったことは起こらないようだ。

自らのステータスを 「睡眠」 「おやすみモード」 などにしておくと、相手が何かを送信しようとしたとき、送信を抑制できるとのこと。ただし大事な連絡をスルーしてしまわないよう、人から届いた通知は集中モードの抑制対象にはならないとのことだ。

⑨ Live Text

ホワイトボードやポスターなど文字が書いてあるものを撮影した際、書かれている文字を認識するORC機能。認識した文字は、コピー&ペーストすることが可能だ。

対応言語は英語、中国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語の7言語。日本語は残念ながら非対応。iPhone、iPad、Macで利用可能。

⑩ Spotlightで写真アプリとWeb画像を検索可能に

Spotlightに、写真アプリとWeb画像を検索する機能が追加。

⑪ 低電力モードの実装

iPhoneに実装されている 「低電力モード」 がついにiPadでも利用可能に。完全に充電できるまでダウンロードやメール受信などのバックグラウンドでの動作を一時的に抑えられる仕組み。

⑫ Swift Playground

Swift Playground for iPadで作成したアプリを、App Storeへ提出可能に。

iPadOS 15 対応機種

「iPadOS 15」 の対応機種は、「iPadOS 14」 と同じ。iPad Air 2・iPad mini 4・iPad (第5世代) 以降とすべてのiPad Proで利用できる。

iPadOS 15 対応機種

  • 12.9インチiPad Pro (第1世代)
  • 12.9インチiPad Pro (第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro (第3世代)
  • 12.9インチiPad Pro (第4世代)
  • 12.9インチiPad Pro (第5世代)
  • 11インチiPad Pro (第1世代)
  • 11インチiPad Pro (第2世代)
  • 11インチiPad Pro (第3世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad Air (第4世代)
  • iPad Air (第3世代)
  • iPad Air 2
  • iPad (第8世代)
  • iPad (第7世代)
  • iPad (第6世代)
  • iPad (第5世代)
  • iPad mini (第5世代)
  • iPad mini 4

「iPadOS 15」 は今秋リリース予定。本日から開発者向けにデベロッパープレビューが公開されているほか、7月にはパブリックベータ版も公開される予定だ。

▶︎ 最新iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。