「M1X MacBook Pro」 WWDC基調講演にタグが存在。やはり新型モデルは発表予定だった?

新型MacBook Proが発表されるとの噂があった 「WWDC21」 の基調講演。実際に発表されることはなかったわけだが、しかし、Appleはやはり新型MacBook Proを発表する計画だったのかもしれない。

WWDCの基調講演の動画に、「M1 MacBook Pro」 「M1X」 のタグがつけられていることが発見された。YouTuber Max Balzer氏が報告している。

YouTubeのWWDC21 基調講演の動画から 「m1x macbook pro」 のタグが発見

このタグがつけられていることから推測できるのは、当初は基調講演で 「M1X MacBook Pro」 が発表される可能性があったということ。M1Xチップを搭載したMacBook ProはミニLEDディスプレイの製造が遅れていることから発売が延期されたという情報があることも踏まえるとその可能性は十分にありそう。

ただ、M1Xチップを搭載したMacBook Proが登場すると注目が集まっていたことを踏まえて、AppleがWWDC 基調講演を多くのユーザーに視聴してもらうため、こういったタグをつけたのではと指摘する声も一部ある。Appleの真意は不明だ。

とはいえ、Appleがありもしないチップの名称をタグ付けすることもやや不自然。次期MacBook Proに搭載されるチップの名称は 「M1X」 で間違いないのではないだろうか。

新型MacBook Proはデザインの刷新に加えて、MacBook Airやエントリー型MacBook Proで起きたApple Silicon化による大幅な性能向上、複数台の外部ディスプレイへの出力サポート、Touch Barの廃止、SDカードスロットやHDMIポートの復活などが噂されている。

BloombergのMark Gurman氏によると、この新しいチップは8つの高性能コアと2つの高効率コアの合計10コア構成で、GPUは16コアまたは32コアをオプションで選ぶことになるという。M1チップの性能を大幅に超えるものが搭載されることになりそうだ。

関連記事
新型MacBook Proは、ディスプレイ下のロゴが廃止される可能性。搭載チップの名称は 「M1X」 と匿名情報筋
新型MacBook Proには10コアのApple Siliconチップが搭載。発売は早ければ今夏に?

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。