Microsoft、「Xbox One S All-Digital Edition」 正式発表 5月7日発売、価格は249.99ドル

4月17日、MicrosoftはXboxの最新情報を伝える情報番組 「Inside Xbox」 を実施し、新型Xbox Oneこと 「Xbox One S All-Digital Edition」 を正式発表した。

「Xbox One S All-Digital edition」 は光学ドライブを排除し、ソフト購入をすべてオンラインストアに限定することでハードウェアの価格を下げることを目的とした新型ゲーム機。ストレージ容量は1TB(HDD)で、4K Ultra HDとHDR画質に対応するなどディスクドライブ以外の仕様はXbox One Sを踏襲する。

価格は249.99ドル(約2万7000円)で、従来よりも50ドル(約5,500円)安い価格で販売される予定だ。購入時の同梱タイトルはMinecraftとSea of​​ Thieves、Forza Horizo​​n 3の3種類。

「Xbox One S All-Digital edition」 は米国では本日から予約受付が開始され、5月7日に発売される予定。日本における発売時期については、日本マイクロソフトからの発表を待つ必要があるだろう。

追記:日本での販売価格と発売日が判明した。価格は26,978円(税込/Amazon)で、発売日は2019年5月7日を予定しているとのこと。Amazonで予約受付が開始されているため、購入予定の方はこちらのリンクから予約を。

【関連記事】「Xbox E3 2019 Briefing」 の日程が発表 日本時間では6月10日朝5時から

Xbox One S 1 TB All Digital Edition
日本マイクロソフト (2019-05-07)
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。