「Xbox Cloud Gaming」 が海外で正式サービス開始。Xbox Game Pass Ultimateユーザーは無料で利用可能

現地時間6月28日、米Microsoftはクラウドゲームサービス 「Xbox Cloud Gaming」 の提供を正式に開始した。

サービス提供国は米国などを含む22カ国で、日本ではまだ利用できない。提供国のXbox Game Pass Ultimateユーザーは、追加費用なしで利用することが可能だ。

「Xbox Cloud Gaming」 正式サービス開始

「Xbox Cloud Gaming」 は、クラウドサービスを利用してスマートフォンやタブレット、PCのブラウザ上で、Xbox Game Passライブラリにあるゲームを遊べるクラウドゲームサービス。

以前は 「Project xCloud」 という名称で開発が進められていたが、今年4月に 「Xbox Cloud Gaming」 に改められ、ベータテストが開始されていた。これまでWindows 10およびiOS/iPadOSデバイスにてクローズドベータテストが実施されていたが、本日から正式版として開放された形。

ゲームの描画処理はすべてクラウド上で行われ、スマートフォンはあくまでゲーム画面をストリーミング表示するだけなので、PCやXboxのような高い処理能力を必要としない。ゲームをプレイする際はBluetooth経由でゲームコントローラーを接続する、もしくはスマートフォンの画面をタッチすることで操作できる。解像度は最大1080p/60fps。

なお、日本での提供開始時期については2021年内を予定している。続報に期待だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。