Xbox Cloud Gaming、Xbox Series X|SとXbox One向けに提供開始。数週間以内に利用可能に

現地時間11月17日、米Microsoftはクラウドゲームサービス 「Xbox Cloud Gaming」 のコンソール展開を開始したと発表した。

対応コンソールはXbox Series X|SとXbox One。「Xbox Cloud Gaming」 を提供する25地域とブラジルにて、今後数週間以内に順次提供を開始する予定となっている。

「Xbox Cloud Gaming」 のコンソール展開が順次開始

「Xbox Cloud Gaming」 は、クラウドサービスを利用してスマートフォンやタブレット、PCのブラウザ上でXbox Game Passライブラリにあるゲームを遊べるクラウドゲームサービス。Xbox Series Xベースのサーバーで実行したゲーム映像を、ネットワークで各デバイスにストリーミングする形でプレイできる。Xbox Game Pass Ultimateのユーザーが利用可能で、解像度は最大1080p/60fps。

現在の対応デバイスはWindows 10およびiPhoneやiPad(WEBブラウザ経由)、Androidデバイス。これにXbox Series X|S、Xbox Oneが新たに加わる形。

本サービスを利用すれば、これらのコンソールにてXbox Game Passライブラリにあるタイトルをインストールなしでプレイできるほか、Xbox OneでXbox Series X|S向けタイトルをプレイすることも可能になる。たとえばXbox Oneが本来サポート対象外となる『Microsoft Flight Simulator』をプレイ可能となる。

今秋にXbox Insiderプログラムを通じてベータテストが実施されており、その後正式にサービス開始予定とされていた。

関連リンク:Xbox Wire

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。