Microsoft、「Xbox Live」 を 「Xboxネットワーク」 にリブランド

Xboxのオンラインサービス 「Xbox Live」 は今後、「Xboxネットワーク」 にリブランドされる。

現地時間3月23日、米メディアThe VergeMicrosoft広報からリブランドの情報について確認が取れたと報告した。先日より、Xboxダッシュボードのベータビルドにおいて 「Xbox Live」 の文言が 「Xbox network」 に変更されていることが一部界隈で話題になっていた。

「Xbox Live」 が 「Xboxネットワーク」 にリブランド

「Xbox Live」 は、MicrosoftがXbox向けに2002年11月から提供しているオンラインサービス。日本では2003年1月からサービスが開始された。

これまではXboxのオンラインサービスを総称したものとして提供されていたが、これからはXboxのオンラインサービスの基礎として 「Xboxネットワーク」 の名称が使用されるとのこと。Xbox Live Goldメンバーシップと区別するためのリブランドであるとMicrosoft広報は伝えている。

リブランドによってサービス内容に変更があるかどうかは不明だが、現時点では大きな変更はないようだ。

ちなみにXboxのオンラインサービスについては、今年1月に米Microsoftは Xbox Live Goldメンバーシップの値上げを米国で発表していた。しかしユーザーから多数の批判を受け、のちに値上げを撤回。さらに今後数ヶ月以内にXbox Live Goldへの加入なしに無料ゲームをプレイできるよう変更することを発表していた。

関連記事
米Microsoft、Discord買収に向けて交渉中か
Xbox Game PassはXbox Live Goldに加入してからの方が断然お得。3年間1.5万円で100本以上のゲーム遊び放題

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。