「Xbox Series S + Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2セット」 在庫復活中。52,756円で購入可能

(画像:Amazon.co.jp)

Amazon.co.jpは、「Xbox Series S」 と 「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2」 をセットにした、「Xbox Series S + Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2セット」 の販売を再開した。

価格は52,756円(税込)、前回は瞬殺だったものの、販売が再開されてから30分以上経ってもまだ在庫が残っている状態が続いている(記事執筆時点)。

「Xbox Series S」 「Xbox Elite ワイヤレスコントローラー シリーズ2」 のセット商品の販売が再開

「Xbox Series S + Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2セット」 は、マイクロソフトのゲームコンソール 「Xbox Series S」 と、「Xbox Elite ワイヤレスコントローラー シリーズ2」 がセットになったモデル。Xbox Series Sには通常コントローラーも同梱されるため、合計でふたつのコントローラーがついてくることになる。

(画像:Microsoft)

「Xbox Series S」 は、Microsoftの次世代コンソールのエントリー&小型モデル。レイトレーシングと最大1440p/120fpsの画面出力に対応。さらに光学ディスクドライブは搭載されておらず、ゲームはすべてオンラインでダウンロードする形式となる。ストレージはカスタム512GB SSDで、シームレスなゲーム体験が可能だ。

本体サイズはXboxシリーズで過去最小となっていて、上位モデルの 「Xbox Series X」 に比べて60%程度の大きさになっている。そのほか、可変レートシェーディングや可変リフレッシュレート、4Kメディアストリーミング再生と4Kアップスケーリングが利用できる。

(画像:Microsoft)

「Xbox Elite ワイヤレスコントローラー シリーズ2」 は、交換可能なサムスティックや方向パッド、背面のパドルおよび可動範囲の調整が可能なトリガーなど、「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー」 の特徴を引継ぎながら、サムスティックは反発力の調整が可能になり、トリガーは従来の2段階から3段階に可動範囲の調整が可能になるなど30箇所以上の改良を施されたXboxのプロ向けコントローラーだ。

本体バッテリーは充電式。コントローラーをキャリングケースに入れたまま充電が可能な充電ドックが同梱され、1回の充電で最大約40時間の連続使用が可能だ。また、ボタンの割り当てを3種類記憶させることで、ゲームや場面に応じて本体のボタンで即座に切り替えることができる。

「Xbox Series S + Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2セット」 の販売価格は52,756円(税込)。購入はAmazon.co.jpで可能だ。

Microsoft、Series X ロゴ、Series S ロゴ、Series X|S ロゴ、Xbox One、Xbox Series X、Xbox Series S、Xbox Series X|S は Microsoft グループ企業の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。