次世代Xboxの正式名称は 「Xbox」 。”Series X” は将来の新ハード投入への余地を残すため

The Game Awardで次期Xboxの名称は 「Xbox Series X」 と当サイト含め世界各国のメディアが報じたが、次期Xboxの正式名称はシンプルに 「Xbox」 になることがBusiness Insiderの取材から明らかになった。

Business Insiderは、The Game Awardで発表された画像から 「Xbox」 と 「Series X」 の文字の大きさが異なる点に奇妙さを感じ、Microsoftに問い合わせた。その結果、同社から次世代ハードの正式名称は 「Xbox」 で、「Xbox Series X」 は次世代ハードプロジェクト全体を示す言葉であることが明かされたという。

次期Xboxの正式名称は 「Xbox」 に

Business Insiderによると、後ろについている “Series X” という紛らわしい文言はあくまで将来の新型ハードの投入余地を残すためのものであるとのこと。

具体的にどういうことかというと、Xboxシリーズをベースとした派生モデルがのちに登場する可能性を残すという意味だ。例えば現行世代のXboxの基本名称は 「Xbox One」 だが、その後にハイスペックモデルとして 「Xbox One X」 、コンパクトモデルとして 「Xbox One S」 が投入された。このようにいずれ 「Xbox (Series X)」 シリーズにも派生モデルが登場する可能性があり、それを示唆するものとして ”Series X” という名称が付け加えられているということ。つまり、「Xbox Series X」 はブランド名ではないということを意味する。

上記以外に、Microsoftが次期ハードの名称を単に 「Xbox」 にした理由は原点回帰のため、そしてネーミングのシンプル化を狙ったものであるとみられる。「Xbox」 → 「Xbox 360」 → 「Xbox One」 → 「Xbox」 と逆に紛らわしいことになりそうだが、ユーザーはこの名称に慣れるほかなさそうだ。

製品名 発売日(米国) 発売日(日本)
Xbox 2001年11月15日 2002年2月22日
Xbox 360 2005年11月22日 2005年12月10日
Xbox One 2013年11月22日 2014年9月4日
Xbox One S 2016年8月2日 2016年11月24日
Xbox One X 2017年11月7日
Xbox 2020年 ホリデーシーズン(予定)
Xbox (Series X) とは

Microsoftのゲームコンソール 「Xbox One S/X」 の後継機種。8K/120fpsの高画質に対応するだけでなく、AMD製グラフィックボード (Naviアーキテクチャによってリアルタイムレイトレーシングに対応) を搭載するため、旧世代機に比べてグラフィック性能が最大4倍に向上する。GDDR6メモリやSSDストレージなども搭載予定。発売は2020年のホリデーシーズンを予定。

関連記事
次期Xboxの正式名称は 「Xbox Series X」 に決定。2020年のホリデーシーズンに発売

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。