Xcode、ついにiOS 14 / iPadOS 14で提供か 事実ならiPhoneやiPadでアプリ開発が可能に

いよいよiPhoneやiPadでアプリ開発ができるようになるかもしれない。2020年秋リリース予定の次期iOS/iPadOSこと 「iOS 14」 「iPadOS 14」 でXcodeが提供される可能性があることがわかった。

この情報を伝えたのは、これまで多数のリーク情報を伝えてきた著名リーカーJon Prosser氏。同リーカーは現地時間20日に、「iOS 14」 「iPadOS 14」 にXcodeが提供される予定であることを伝えた。また、Xcodeが提供されることで、iPadにはプロ用アプリケーションが今後登場する可能性があると伝えている。

「iOS 14」 「iPadOS 14」 でXcodeが提供か

今回のJon Prosser氏の情報は、おそらく以下のツイートに反応する形で発されたものと予想される。以下のツイートの主はiPadOS 14にXcode、Final Cut Pro、そしてLogic Proが提供される予定であると伝えた。

これに対してJon Prosser氏は、iOS 14とiPadOS 14にXcodeが提供されるものの、Final Cut Proが提供されることは(現時点では)ないだろうと伝えた。

もし、iPhoneとiPadでXcodeが利用できるとなれば、期待できるのはこれらのデバイスでアプリの開発が可能になるということ。

これは主にiPad Proユーザーに恩恵がありそうな話だ。AppleはiOSとmacOSの垣根をなくし、同一のアプリを利用できるようにする計画を打ち出しているが、その一方でiPhoneやiPadではアプリ開発を行うことは現時点ではできない。

もしこの垣根をなくす計画なら、アプリもiPhoneやiPadで開発できてもいいんじゃないか、もしかするとAppleはそう考えているのかもしれない。プロ向けモデルとして機能拡張と性能強化を繰り返されてきたiPad Pro。本日発売したMagic Keyboardと組み合わせて使うことでアプリ開発も快適に行うことができるのではないだろうか。

関連記事
iOS 14、サードパーティアプリの一部機能をアプリなしで使える 「Clips」 機能を導入か
iOS 14、「探す」 アプリに新機能 通知条件となるトリガーに新オプション、ARモードなど

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。