Xiaomi、「Mi 11 Lite 5G」 7月2日(金)に発売。世界で最も薄い5Gスマホ、おサイフケータイに対応

6月24日、Xiaomiは新型スマートフォン 「Mi 11 Lite 5G」 を発表。7月2日(金)から順次、Amazon.co.jpをはじめとしたECサイト、各家電量販店にて販売を行う。市場想定価格は43,800円(税込)。

Xiaomiの新型スマホ 「Mi 11 Lite 5G」 7月2日に発売

「Mi 11 Lite 5G」 は、昨年9月にau限定で販売された 「Mi 10 Lite 5G」 の後継モデル。ミドルレンジでありながら5nmプロセスを採用したプロセッサ 「Qualcomm Snapdragon 780G」 を国内ではじめて搭載。フラッグシップ並みの機能を搭載した、軽量5Gスマートフォンに仕上がっている。

本体サイズは約160.5mm x 75.7mm x 6.8mm。この6.8mmという厚みは世界のスマートフォンの中でも最薄。重量も159gと軽量だ。ボディにはCorningの強化ガラスGorilla Glass 6が採用されており、日常利用で発生する擦傷などのダメージを防ぐことが期待できる。

画面はパンチホール型6.55インチ(2400 x 1080 FHD+)のAMOLED。10-ビットTrueColor / DCI-P3をサポートしており10億7000万色の表示が可能だ。画面のリフレッシュレートは90Hz、タッチサンプリングレートは240Hz、HDR10+10もサポートする。

カメラは背面3眼、前面1眼。リアカメラは6400万画素のメインカメラ、800万画素の超広角カメラ、500万画素のテレマクロカメラで構成されている。フロントカメラは2000万画素で、暗所での撮影に対応するため、夕陽や夜景撮影時でも綺麗なセルフィー写真を撮影できるとしている。

内蔵スピーカーは、ハイレゾオーディオとハイレゾオーディオ・ワイヤレス認証を受けたデュアルスピーカー。高い没入間の中で音楽を試聴することが可能だ。

内蔵ストレージは128GB。RAM容量は6GB。FeliCa (おサイフケータイ) にも対応する。カラーラインナップはミントグリーン、トリュフブラック、シトラスイエローの3カラーで、ミントグリーン、トリュフブラックは7月2日(金)に発売。シトラスイエローは7月9日(金)に発売予定。

Mi 11 Lite 5G スペック
ディスプレイ
  • 6.55インチ AMOLED ドットディスプレイ(2400 x 1080 FHD+)
  • 10-bit TrueColor / DCI-P3
  • 90Hz リフレッシュレート
  • 240Hz タッチサンプリングレート
  • HDR10+ サポート
カラー
  • トリュフブラック
  • シトラスイエロー
  • ミントグリーン
ボディ Corning Gorilla Glass 6
サイズ 約160.5 x 75.7 x 6.8mm
重量 約159g
パフォーマンス
  • Qualcomm Snapdragon 780G
  • 5nm 製造プロセス
  • UFS 2.2 ストレージテクノロジー
  • LPDDR4X
  • LiquidCool テクノロジー
メインカメラ

メイン
6400万画素 (F/1.79, 1.4μm 4-in-1 スーパーピクセル)

超広角カメラ
800万画素 (FOV119°, f/2.2)

テレマクロレンズ
500万画素 (倍率2倍 焦点距離3cm)

フロントカメラ 2000万画素 AI セルフィーカメラ(f/2.24)
接続性
  • デュアル SIM
  • Bluetooth 5.2
  • FeliCa(おサイフケータイ)
  • Wi-Fi 6
  • IR ブラスター
  • USB Type-C
セキュリティ
  • アーク型側面指紋センサー
  • AI 顔認証
バッテリー&充電
  • 4,250mAh (typ) バッテリー
  • 33W 急速充電
  • 33W 充電器同梱 (試供品)
オーディオ デュアルスピーカー
モーター Z-アクシス リニア モーター
RAM+ROM 6GB+128GB

市場想定価格は43,800円(税込)。ECサイトはAmazon.co.jp、NTTぷらら、ストリーム、SB C&S、ムラウチドットコム、実店舗ではエディション、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラ、MVNOはインターネットイニシアティブ(IIJmio)、NTTレゾナント(goo Simseller)、ビッグローブが取り扱う。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。