Xiaomi、「Mi スマートバンド6」 7月9日(金)に発売。画面が50%大型化、SpO2測定機能を搭載

6月24日、Xiaomiは新型スマートバンド 「Mi スマートバンド6」 を発表。市場想定価格は5,990円(税込)で、7月9日(金)からAmazon.co.jpをはじめとする各ECサイト、各家電量販店にて発売する。

「Mi スマートバンド6」 国内で7月9日に発売

「Mi スマートバンド6」 は、2021年1月に国内発売したスマートバンド 「Mi スマートバンド5」 の後継モデル。今回の新型機の特徴は、大画面タッチディスプレイとエクササイズモードの追加、血中酸素レベルの測定機能にある。

画面は、タッチ操作に対応した1.56インチ有機ELディスプレイ(326ppi)。この1.56インチというサイズは先代モデルの1.1インチよりも約50%大きいため、急いでいる時や激しいワークアウト中でも画面表示が見やすいという。

画面のカスタマイズにも対応しており、60種類以上のテーマからユーザーの好みにあったバンドフェイスを選ぶことができる。

「Mi スマートバンド6」 には30種類のエクササイズモードが搭載されている。おうち時間に人気なインドアストレッチや話題の筋トレ HIIT(高強度インターバルトレーニング) のほか、体操からストリートダンスまで幅広いアクティビティを選択可能。また日常的に行うことが多い6項目のフィットネス活動については、自動検出で正確に記録し、日々のアクティビティ量を計測できる。

さらに健康モニタリング機能も改良されており、SpO2(血中酸素レベル3)の計測も可能に。そのほか心拍数測定機能や、睡眠サイクル(昼寝・REM・睡眠呼吸質含む)を記録する睡眠トラッキング機能も搭載されており、日々の健康チェックが 「Mi スマートバンド6」 でできるようになっている。

バッテリー寿命は約14日間で、充電はマグネット式で行う。5気圧防水に対応しており、水泳やシュノーケリング、シャワーなどでも装着したまま利用できるとしている。

リストバンドは付け外しが可能。購入時にブラックのリストバンドがついてくるが、別売りのバンドを購入することで自身の好みに合わせてカスタマイズできる。バンドは全6色が用意されている。

「Mi スマートバンド6」 の市場想定価格は5,990円(税込)。発売は7月9日(金)。各ECサイト、家電量販店、MVNOにて販売される。

ECサイトはAmazon.co.jp、NTTぷらら、SB C&S、実店舗はエディション、ケーズデンキ、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラ、MVNOはインターネットイニシアティブ(IIJmio)、ビッグローブが取り扱う。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。