Xiaomi、スマートウォッチ2機種 「Mi Watch」 「Mi Watch Lite」 発表。2月以降に順次発売

2月2日、Xiaomiは新製品発表会をオンライン開催。次世代スマートウォッチ2機種 「Mi Watch」 「Mi Watch Lite」 を発表した。2月以降に国内で販売を行う。

Mi Watch
価格:11,800円(税別)
発売:2月以降

Mi Watch Lite
価格:6,800円(税別)
発売:2月以降

Mi Watchはスタイリッシュで軽くて快適

Mi Watchは、1.39インチの高解像度AMOALEDディスプレイを搭載した最新スマートウォッチ。画面輝度は最大450ニトと明るく、文字や画像をくっきりと表示することが可能。本体重量はわずか32グラムと軽量なため、運動などでも快適に使用できる。

内蔵する文字盤は全部で100種類以上と豊富。好きなデザインにいつでも変更できるカスタマイズ性の高さをアピールポイントのひとつとして挙げられている。

Mi Watchは全部で117種類のエクササイズに対応する。心拍数と血中酸素濃度、ストレスレベル、エネルギーレベル、ユーザーの睡眠サイクルのトラッキングにも対応し、ユーザーの運動と健康を徹底サポート。

GPS、地磁気センサー、気圧センサー、環境光センサー、これらのセンサーを用いてユーザーの位置や動きを正確に捉えることができる。

防水性能は 「5気圧防水」 とされており、水深50メートルまで耐えられるという。水泳時や雨天、シャワー中に着用しても問題なく使うことが可能だ。

バッテリー容量は420mAh。一度の充電で最大16日間の駆動が可能とロングバッテリーも本製品の魅力のひとつだ。

ちなみに本製品にはカメラが内蔵されており、シャッターモードをオンにすることで手首で写真を撮影できるという。スマートフォンを持ち歩かない運動時などに活躍しそうだ。

Mi Watchは11,800円(税別)で購入可能。カラーラインナップはブラック、ネイビーブルー、ベージュの3色。発売は2月以降を予定している。

Mi Watch Lite

Mi Watch Liteは、1.4インチTFT液晶ディスプレイを搭載したスマートウォッチ。スタンダードモデルのMi Watchに対して、こちらはエントリーモデルという立ち位置だ。

クリアな解像度と鮮やかな発色に加えて、環境に合わせて自動で輝度を調整し高い視認性を確保するため、どんな環境でもアクティビティの情報やメッセージ・通知などをスムーズに確認可能だ。

ウォッチフェイスは120種類以上用意されたものから好みのものを選択・カスタマイズ可能で、絵文字にも対応している。

内蔵されたGPSとGLONASSからの測位データに加えて、3軸加速度センサーと3軸ジャイロスコープでユーザーの位置や速度、移動距離などを正確に認識し、ランニングルートのマッピングが可能。トレイルランニングやサイクリング、フリースタイルなど11種類のアクティビティやワークアウトをサポートする。

Mi Watch LiteではPPGセンサーにより24時間正確に検出可能な心拍数モニタリングに加えて、睡眠の深さやサイクルを記録・分析する睡眠検出機能、ユーザーがストレスに対処するための呼吸トレーニングのガイドも行ってくれる。

バッテリー容量は230mAhで、最大9日間のバッテリー寿命を実現している。また、5気圧防水も備わっていて、水深50メートルまで耐えることができる。

Mi Watch Liteは6,800円(税別)で購入可能。カラーラインナップはブラック、ネイビーブルー、アイボリーの3色。発売は2月以降を予定している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。