『レインボーシックス シージ』国内トップリーグ 「X-MOMENT Rainbow Six Japan League 2022」 3月26日に開幕

NTTドコモは、『レインボーシックス シージ』の国内トップリーグ 「X-MOMENT Rainbow Six Japan League 2022 (RJL 2022)」 を3月26日(土)から開催することを発表した。

「RJL 2022」 は、海外チームの参戦によって全10チームに規模が拡大。今年は3シーズン制となり、Playoffを含む約200試合が半年間にわたって実施される。リーグの様子は、同社が運営するeスポーツリーグのブランド 「X-MOMENT」 の公式YouTubeチャンネルで独占配信される予定だ。

参加チームは、「Crest Gaming Lst」 「CYCLOPS athlete gaming OSAKA」 「Donuts USG」 「EVA:e」 「FAV gaming」 「REJECT」 「Sengoku Gaming」 の7チームに加え、海外チームの 「FNATIC」 がリーグに初参戦。2月に解散した 「GUTS Gaming」 の1枠を含む残りの2枠については、近日発表予定だ。

リーグ構成やスケジュールは以下のとおり。

また、リーグの開幕を記念したオフラインイベント 「ニジロクジ!春のX-MOMENT 〜2時から6時までシージリーグのこと全部教えますスペシャル 2022〜」 が3月20日(日)14時〜18時に実施される。

同イベントでは、リーグの詳細及び参加チーム、選手の紹介のほかにスペシャルコンテンツが用意されているとのことだ。イベントに参加したい人は、こちらのURLから3月6日(日)23時59分までに応募する必要がある。イベントは抽選制となっていて、3月中旬頃に抽選結果が通知される予定だ。

関連リンク
Rainbow Six Japan League 2022|X-MOMENT
X-MOMENT 公式YouTubeチャンネル

(画像提供:NTTドコモ)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。