ソニー、「Xperia XZ3」正式発表 有機ELディスプレイを初めて採用

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

8月30日、ソニーモバイルはドイツ・ベルリンで開催されている「IFA 2018」で、新型スマートフォン「Xperia XZ3」を発表した。

同端末はXperiaシリーズで初となる有機ELディスプレイが採用されているほか、本体もわずかに薄型化。ユーザーの要望が一部反映された端末になっている。

「Xperia XZ3」の画面には、シリーズ初の有機ELディスプレイが採用。画面サイズは6.0インチ、前モデルから0.3インチだけ大型化。解像度は2880 x 1440で、画面比率は最近の流行りの18:9。HDR画質に対応している。画面は両端がわずかに湾曲した曲面ディスプレイに変化している。

内蔵プロセッサはSnapdragon 845。RAM容量は4GB。OSには「Android 9 Pie」が採用されている。

端末背面には1,920万画素のMotion Eyeカメラが搭載されており、その下には指紋センサーが内蔵。背面にはワイヤレス充電用コイルが内蔵されており、ワイヤレス充電器の上に置くだけで充電することが可能だ。

また、端末前面には1,320万画素のセルフィーカメラが配置されている。Xperiaの得意とするカメラで美しいセルフポートレート画像が撮影可能。

ちなみに、端末の厚みはわずかに薄くなった。これは前モデルのXZ2でユーザーから文句の出ていた部分で、新型モデルでは厚みを抑える工夫をすることで、ユーザーの声を反映させている。フレームの最も薄い部分は約3mm程度となっており、使用者の手にピッタリとフィットするデザインになっているようだ。

そのほか細かい仕様として、防水・防水性能はIP65/68程度。バッテリーは3,300mAhの大容量のものが搭載されている。

ちなみに、「Xperia XZ3」で期待したいのは、AI機能。ユーザーが次で使うであろうアプリケーションを予測し、サジェストしてくれる機能「サイドセンス」が利用可能だ。

この機能は、端末のサイドをダブルタップすることで、ユーザーが次に使う可能性のあるアプリをズラリと並べてくれるため、あとはどのアプリを起動するのか選択することでスマートなアプリスイッチが可能になるというもの。使用者が端末を使う時間帯や場所など、ライフスタイルから得られる情報から学習することで確度の高い提案が可能になるようだ。

これを実現しているのはソニーのAI技術。このほかにも、スマホを取り出して横向きに構えると、カメラを自動的に起動する便利機能もAIによって実現している。

「Xperia XZ3」のカラーラインナップはブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッドの全4色。グローバルで販売される予定。価格は発表されていないが、日本での発売も決定しているとのこと。近いうちに正式発表が行われるものと予想される。

製品名 Xperia XZ3
OS Android P
ディスプレイ 6.0インチ有機ELディスプレイ
解像度:2,880 × 1,440
18:9
プロセッサ Snapdragon 845
RAM 4GB
ROM 64GB
外部メディア microSDXC(最大512GB)
背面カメラ シングルカメラ(19MP)
前面カメラ シングルカメラ(13MP)
バッテリー容量 3,330mAh
防水・防塵 IP65/68
生体認証 指紋認証
ワイヤレス充電
イヤホンジャック ×
サイズ・重量 158 × 73 × 9.9mm / 193g
カラー ブラック
ホワイトシルバー
フォレストグリーン
ボルドーレッド

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

ソニーやSonyおよび、これらの商品名、サービス名およびロゴマークは、ソニーまたはその関連会社の登録商標または商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。