ソニー、「Xperia 5 IV」 発表。コンパクト筐体にフラグシップ級の撮影機能が搭載

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

9月1日、ソニーは新型5Gスマートフォン 「Xperia 5 IV」 を、日本を含むグローバルで発売すると発表した。発売は9月上旬以降を予定している。価格などは未定。

本スマートフォンは、「Xperia 5」 シリーズの最新機種。フラグシップモデルである 「Xperia 1 IV」 と、ミドルレンジモデルの 「Xperia 10 IV」 の中間的なモデルで、コンパクト筐体にフラグシップモデルと同等の性能を詰め込んだ製品となる。

6.1インチ、アスペクト比21:9の有機ELディスプレイを搭載。解像度は1,080×2,520ドット(フルHD+)。HDR表示に対応し、画面輝度は前モデルから50%向上し屋外での視認性が高められている。リフレッシュレートは120Hzで、滑らかで明るい画面で操作が可能だ。さらに、映像視聴時にはフレーム毎の輝度/階調を解析することで高い再現性を発揮するリアルタイムHDRドライブにも対応する。

ゲーミング機能として、120Hzの高リフレッシュレートのほか、フレーム間に黒い画像を差し込むことで240Hz相当に残像を低減する技術を搭載するほか、タッチサンプリングレート240Hzと高いゲーミング性能を維持した。

本体サイズは幅67×奥行き156×高さ8.2mm、重量は172g。前モデルのガラスとメタルフレームを組み合わせたデザインは今回も踏襲するものの、一部ラウンドする部分を残しながらもややフラットなデザインへと変貌。背面には米Corningの強化ガラス 「Gorilla Glass Victus」 を採用。落下などからの衝撃に強くなっている。生体認証は、電源ボタン内蔵型の指紋センサー。

搭載SoCはSnapdragon 8 Gen1で、上位モデルであるXperia 1 IVと同じものが搭載される。メモリは8GB、内蔵ストレージは128GB/256GBの2ラインナップ。microSDカードにも対応する。

カメラは、超広角と広角、望遠のトリプルレンズ。仕様は、超広角(16mm/F2.2)、広角(24mm/F1.7)、望遠(60mm/F2.4)でいずれも1,200万画素。望遠レンズは単焦点レンズで、広角と望遠のみ光学手ブレ補正に対応するが、「Xperia 1 IV」 との違いとして光学式望遠ズームレンズは非搭載となっている。すべてのレンズがZEISS製で、T*コーティングが施される。

また、すべてのレンズでリアルタイム瞳AFが利用できるほか、リアルタイムトラッキングや20コマ/秒 AF/AE連写(HDR対応)、4K 120fpsスローモーション/ハイフレーム動画撮影に対応する。フロントカメラは1200万画素で、4K HDR撮影に対応した。

オーディオ面については、左右均等かつ前面配列した新構造のフルステージステレオスピーカーを採用することで、音を再生する時に発生する筐体の振動を抑え、音の明瞭さと音圧を向上させた。対応する立体音響技術は「360 Reality Audio」 と 「360 Reality Audio Upmix (旧名:360 Spatial Sound)」 。360 Reality Audio Upmixは通常のステレオ音源を立体的に楽しめる、ソニー独自技術。また、圧縮音源をハイレゾ級の高音質にアップコンバートする 「DSEE Ultimate」 にも対応する。さらに、スタジオでの高音質録音機能である 「Music Pro」 も利用できる。

内蔵バッテリーの容量は5,000mAhと大容量化。充電周りは30分で約50%まで充電できる急速充電に対応するほか、ワイヤレス充電やおすそわけ充電機能にも対応する。充電コネクタはUSB Type-C、3.5mmオーディオジャックも搭載する。

SIMは、Nano SIM/eSIMのデュアル仕様。5GはSub 6のみをサポートしており、Wi-Fi 6Eが利用できる。防水・防塵仕様はIP65/68相当。カラーラインナップはブラック/エクリュホワイト/グリーンの3色。

(画像:SONY)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

ソニーやSonyおよび、これらの商品名、サービス名およびロゴマークは、ソニーまたはその関連会社の登録商標または商標です。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。