山形新幹線とスーパーあずさに無料Wi-Fi 東北・秋田・北陸新幹線への導入も前倒しへ

JR東日本は20日、山形新幹線「E3」系と、特急「スーパーあずさ」に公衆無線LAN設備を導入し、提供を開始する予定であることを発表した。乗客は無料で利用することができる。

山形新幹線は2018年度から順次提供を開始し、2019年度内には全編成で利用することができるようになる。

また、「スーパーあずさ」は、2018年12月から車両の改修作業を行い、順次提供を開始する予定。2019年12月までに改修作業を終わらせるとのことだ。

さらにJR東日本は、昨年11月に、東北・秋田・北陸新幹線の公衆無線LANサービスを2018年夏頃から導入すると発表していたが、この計画が前倒しになることがわかった。

これまでは、東北・秋田新幹線の「E5系」「E6系」車両は2018年夏と発表されていたが、今年の5月から車両の改修作業が開始されるとのこと。北陸新幹線の「E7系」も同時期から作業が開始される予定。全編成に導入が完了するのは、2019年5月までかかる見通し。

また、上越新幹線「E7系」に関しては、2018年度から2020年度に行われる新車両の投入に合わせてサービスが開始される予定となっている。

[ img via waychen_c ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。