登山地図アプリ 「YAMAP」 がApple Watchに対応。活動データ/地図表示などが可能に

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

株式会社ヤマップは8月8日、同社の登山地図GPSアプリ 「YAMAP」 のApple Watch対応版を配信したと発表した。

iPhone版 「YAMAP」 アプリのバージョンを最新の10.11.0にアップデートすることで、Apple Watch版を利用できるようになる。対応モデルは、Apple Watch Series 5/SE以降。

株式会社ヤマップは、Apple Watchの地図アプリにはオンラインであることが前提だったり、オフラインで利用できるものであっても事前に地図転送が必要であったりと、一般ユーザーが使いこなすのはやや難しいと感じていたとのこと。

そこで 「YAMAP」 のApple Watchアプリは、敢えて利用できる機能を絞ることで分かりやすさを保ちつつ、さらに登山をする人だけでなく、登山に詳しくない人のニーズも満たすことを目標にしたという。

iPhoneを取り出さなくても現在地がわかることにフォーカスし、複雑になりがちな情報表示を敢えて回避し、2つのモード表示(地図表示モード/データ表示モード)に留めたことで、老若男女誰もが使いやすい、シンプルな仕上がりになっている。

利用できる機能は以下。

活動データ表示

  • 活動時間
    活動開始から現在までの時間を表示
  • 心拍数
    現在の心拍数を表示
  • 標高
    現在の標高を表示
  • 距離
    活動開始地点から現在地までの歩いた距離を表示

地図表示

  • 登山口
    登山口マークを表示
  • 歩いた軌跡
    活動を開始した地点から現在までのルートを表示
  • 現在地
    現在地を表示
  • 山頂
    山頂マークを表示
  • 進行方向
    Apple Watchの向きが合わせて進行方向を表示
  • 登山道
    登山道を表示

地図表示は、Apple WatchのDigital Crownを回すことで拡大・縮小が可能。現在地を画面中心に合わせる 「現在地表示」 も可能だ。

なお、v10.11.0以前にダウンロードした地図をApple Watchでオフライン利用するためには事前に地図の更新が必要とのこと。

(画像:YAMAP)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。