ワイモバイル、「持込端末保証 with AppleCare Services」 提供開始。SIM単体契約者でもApple公式修理サービスが受けられる

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

画像:ワイモバイル公式サイトより

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は 「ワイモバイル」 ブランドにて、「持込端末保証 with AppleCare Services」 を1月25日から提供開始すると発表した。

本サービスは、SIM単体契約で使用するiPhoneでも、Apple公式の修理サービスおよびテクニカルサポートが受けられる修理プログラム。

月額950円〜1,250円を支払いサービスに加入することで、iPhoneの万が一の故障の際の修理費用を抑えることができる。ワイモバイルを新規でSIM単体契約する際に、申し込むことが可能だ。

月額料金はデバイスによって異なり、たとえばiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは1,250円、iPhone 13やiPhone 13 miniは950円で加入できる。対象機種と月額料金は以下。

対象機種と月額料金
機種名 月額料金
・iPhone 13 Pro
・iPhone 13 Pro Max
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone X
1,250円
・iPhone 13
・iPhone 13 mini
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 11
・iPhone XR
・iPhone 8
・iPhone 8 Plus
・iPhone 7
・iPhone 7 Plus
・iPhone SE (第1世代、第2世代)
950円

 

画像:ワイモバイル公式サイトより

修理が必要になった際、故障内容によってはユーザーの自己負担の支払いが必要になるケースがある。

画面修理、背面ガラスの自己修理負担額は3,700円。水没などその他の損傷に対する修理は12,900円となっている。なお、自然故障は無料、電池消耗によるバッテリー交換も無料となっている。修理は、Apple純正部品を使用し、Appleから認定されている修理方法を用いて行われる。

修理サービスのユーザー負担額
サービス内容 ユーザー負担額
自然故障 (バッテリー交換含む) ※2 無料
画面修理 3,700円
背面ガラスの修理 3,700円 ※1
画面修理 + 背面ガラスの修理 7,400円 ※1
その他の損傷に対する修理 12,900円

※1 「背面ガラスの修理」 および 「画面修理 + 背面ガラスの修理」 は iPhone 12 以降の機種に限る。
※2 保持容量が本来の容量の80%未満になった場合

また、Appleサポートへの優先接続のほか、新品または新品同様の交換機が必要になった場合には早急にデバイスを受け取れるエクスプレス交換サービスも提供される。

そのほかのサービスとして、紛失した際にはおおよその位置を確認できる 「紛失ケータイ捜索サービス」 、電源が入らないなどのトラブル時には 「データ復旧支援サービス」 が利用できる。

ワイモバイルによると、本サービスはApple社の協力のもとで提供されるとのこと。iPhone利用者は安心してワイモバイルのサービスを利用できるはずだ。

「持込端末保証 with AppleCare Services」 は、2022年1月25日より提供開始となる。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Y!mobileワイモバイルの名称、ロゴは、ソフトバンク株式会社の商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。