ワイモバイル、「スマホベーシックプランM/R」 改定 データ容量を使い切っても1Mbpsで利用可能に

Y!mobile

 

6月1日、ソフトバンク株式会社および株式会社ウィルコム沖縄は、ワイモバイルのスマートフォン向け料金プラン 「スマホベーシックプランM」 と 「スマホベーシックプランR」 を7月1日から改定することを発表した。

「スマホベーシックプランM」 「スマホベーシックプランR」 が7月1日から改定

7月1日からの改定により、まずは月間の高速データ通信容量を使い切ってしまったときの通信速度が最大128kbpsから最大1Mbpsになる。また、「スマホベーシックプランM」 に関しては、高速データ通信容量が9GBから10GBに、「データ増量オプション」 適用時の高速データ通信容量が12GBから13GBに増量する。

  スマホベーシックプランS スマホベーシックプランM スマホベーシックプランR
高速データ通信容量 3GB 9GB→10GB 14GB
「データ増量オプション」 適用時の
高速データ通信容量
4GB 12GB→13GB 17GB
高速データ通信容量
超過時の通信速度
最大128kbps 最大128kbps
最大1Mbps
最大128kbps
最大1Mbps

今回の改定は、先日UQ mobileが発表した新プランに対抗するためのものと考えられる。UQ mobileの 「スマホプランR」 は月間の高速データ通信容量が10GB、高速データ通信容量を使い切ってしまった場合の通信速度は最大1Mbpsとなっており、「スマホベーシックプランM」 が実質的に対抗プランとなる。

月額料金はUQ mobileが2,980円(税別)、ワイモバイルが3,180円(税別)となっている。料金だけで見るとUQ mobileの方がお得だが、ワイモバイルはさらに10分間の国内通話無料がデフォルトで付属するため、無料通話が欲しい方はワイモバイルの方がお得ということになるだろう。

関連記事
UQ mobile、新プラン 「スマホプランR」 発表 月10GBが2,980円、使い切っても最大1Mbps
楽天モバイル、「Rakuten UN-LIMIT」 を本格始動 パートナー回線通信におけるデータ容量を5GBに増量

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。