ワイモバイル、2021年2月に5Gサービス提供開始。月額1,980円〜の新料金プラン 「シンプルS・M・L」 も発表

12月22日、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は ”ワイモバイル(Y!mobile)” において、5Gサービスを2021年2月から提供開始することを発表した。

ワイモバイルの4G/5G共通プラン 「シンプルS/M/L」

5Gサービスの提供開始にあわせて、月額料金がずっと変わらないシンプルなスマートフォン向けの新料金サービスとして、「シンプル S」 (高速データ通信容量3GB)、「シンプル M」 (高速データ通信 容量10GB)、「シンプル L」 (高速データ通信容量20GB)の提供を開始。料金サービスのラインアップを刷新する。

「シンプル S・M・L」 は、いずれも4G/5G共通の料金サービスで、それぞれ月額1,980円、2,980円、3,780円で利用できる。「おうち割 光セット(A)」 または「家族割引サービス(2回線目以降)」 を適用すると、それぞれ月額1,480円、2,480円、3,280円で利用できる。

クリックで拡大

ちなみに 「シンプル L」 は12月下旬以降に提供開始する予定だった 「シンプル 20」 の内容を改定したものになっているという。

「シンプル S・M・L」 はワイモバ学割の対象となる。ワイモバ学割を適用した際の月額料金アドの詳細は決まり次第、発表するとしている。

新料金サービスの提供に合わせて、「スマホベーシックプラン S/M/R」 「新規割」 の申し込み受け付けが終了となるが、これらに加入するユーザーは継続して利用できる。また、「スマホベーシックプラン R」 の内容を3月に改定予定で、データ容量を20GBに、月額基本使用料を4,480 円に変更するとのこと。「スマホベーシックプ ラン S/M/R」 はすべて、2月以降順次、追加料金なしで5Gを利用できるようになるという。

関連記事
ソフトバンク、ahamo対抗の新プラン 「LINEがギガノーカウント」 2021年3月に提供。LINEモバイルを吸収合併し、新ブランド立ち上げへ
ソフトバンク、5G対応のデータ容量無制限プラン 「メリハリ無制限」 2021年3月に提供開始

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。