ワイモバイル、3月17日からeSIM提供。eKYCで最短1時間で利用開始可能

Y!mobile

3月1日、ワイモバイルはeSIMサービスを今月17日から提供開始することを発表した。

eSIMは、通信サービスの利用に必要な加入者識別情報(プロファイル)を、スマホなどに遠隔で書き込むことができる組み込み式のSIMのこと。iPhoneなどeSIMに対応したスマートフォンで利用でき、これらのeSIM対応スマホにプロファイルをダウンロードするだけで手軽に通信サービスを利用できる。

eSIMは物理SIMカードと同じ料金体系のもとで利用できるため、ユーザーは自由に好きな方を選ぶことができる。新たに 「シンプルS/M/L」 に加入する際に、eSIMとUSIMカードのいずれかを選択可能。すでに旧プランに加入しているユーザーでもプラン変更せずにUSIMカードからeSIMに切り替えることが可能だ。

eSIMサービスがはじまることで、ユーザーは最短1時間でワイモバイルの通信サービスを利用開始できるようになる。ワイモバイルのオンラインストアでeSIM新規契約する際、オンライン本人確認システム (eKYC) を利用することで即座の本人確認が可能になる。

関連記事
ワイモバイル、iPhone 12とiPhone 12 miniを2月26日に発売。2月19日から予約受付が開始へ
ワイモバイル、「シンプルS / M / L」 のデータ容量追加&割引増額。M・Lは学割の対象に

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。