スマホゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」が発表&本日配信開始 全国各地で妖怪を集める妖怪探索位置ゲーム

2018年6月27日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントとレベルファイブは東京恵比寿で「共同プロジェクト 新作タイトル発表会」を開催し、新作タイトル「妖怪ウォッチ ワールド」をリリースすることを発表した。

「妖怪ウォッチ ワールド」はiOS/Android向けにリリースするスマートフォン向けゲーム。スマートフォンに内蔵されたGPSを活用し、日本中にいる妖怪を仲間にしていく”妖怪探索位置ゲーム”になっているとのこと。

本作にはGoogleが開発協力しており、GoogleマップのAPIが活用されている。GoogleマップのデータとCGを使用し、世界中で妖怪を探索できるようになっている。

妖怪を仲間にするには、まずは自分がいる場所を「サーチ」し、出現する妖怪アイコンをタップすることで開始されるバトルに勝利する必要がある。

バトルの形式は3対3で戦うセミオートバトル。基本はオートで行動が行われ、プレイヤーは好きなタイミングで必殺技を繰り出すことができる。必殺技は「妖気ゲージ」を消費することで出すことが可能だ。

さらに、周りのプレイヤーに自分の妖怪を「ヒョーイ」(憑依)させる事ができ、自分では行けない場所の妖怪を連れてきたり、お土産を持って帰ってきてくれたりするという機能も。ただし、この機能によって自分の正確な現在位置が他人に知られることはないとのことなのでご安心を。

また、今回の発表を記念して、日本では明日から2週間、Googleマップのナビモードの矢印をジバニャンに変更できるようになるとのこと。

「妖怪ウォッチ ワールド」の配信は6月27日から。App StoreGoogle Playからダウンロードすることが可能だ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。