ヨドバシカメラ、福袋 「2021年 夢のお年玉箱」 抽選申込を12月1日からスタート

11月30日、ヨドバシカメラは電化製品を福袋形式で販売する 「2021年 夢のお年玉箱」 の抽選申込み受付を明日12月1日(火)から開始することを発表した。

「夢のお年玉箱」 はヨドバシカメラが毎年開催している福袋企画。今年はまだ福袋の中身は発表していないものの、昨年はカメラやタブレット、PC、スマートウォッチ、電動歯ブラシ、Blu-rayレコーダーなど多数の家電製品の福袋が販売された。

今年の 「2021年 夢のお年玉箱」 は、昨年と同じく抽選形式での販売となる。申込み受付は12月1日(火)8時から12月6日(日)23時59分まで行われ、当選発表は12月8日(火)9時を予定している。

申込みはヨドバシ・ドット・コムの専用サイトから可能で、iPhone ショッピングアプリ 「ヨドバシ」 とフィーチャーフォンサイト 「モバイルヨドバシ」 は利用できないとのこと。

抽選にはヨドバシカメラ・ドット・コムの会員が参加できる。新規会員登録したユーザーも抽選に参加できるが、「GOLD POINT CARD+」の会員でヨドバシ・ドット・コム会員IDを共通化済みのユーザー、2020年1月1日(水)~2020年11月29日(日)の期間中にヨドバシ・ドット・コムで購入履歴のあるユーザー、さらに2020年1月1日(水)~2020年11月29日(日)の期間中にヨドバシカメラ店舗にて購入履歴があり、2020年11月29日(日)までにポイント共通化済みのユーザーに対して当選確率を優遇する仕組みをとるとのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。