「YouTube Red」、日本でもサービス開始へ YouTube初の有料会員サービス

昨年10月からアメリカでサービスが開始されているYouTubeの初の有料サービスコンテンツ「YouTube Red」が、いよいよ日本に上陸する予定であることが明らかになった!

YouTubeのCEOスーザン・ウォジスキ氏は日経ビジネスのインタビューにおいて、アメリカ以外の各国でも2016年中に同サービスの提供を開始することを伝えている。

サービス開始時期や価格は現在のところ未定

「YouTube Red」とは、YouTubeが昨年よりアメリカで提供している有料会員サービスで、動画の再生時に広告の非表示や、バックグラウド再生、オフライン再生、曲の聴き放題サービスが利用可能になるというもの。

YouTube Red

日経ビジネスのインタビューでCEOスーザン・ウォジスキ氏は、ヨーロッパや日本、韓国を含めたアジア諸国で同サービスの提供を開始すると明らかにしている。同氏によると「提供開始時期は2016年中」で、詳しい時期については明言はされていない。

また、「YouTube Red」会員はGoogleの音楽配信サービス「Google Play Music」も利用することができる。さらに、無料版のYouTubeでは視聴できない独自コンテンツも配信するとしており、人気YouTuberやハリウッドなどのスタジオと連携した映画や番組の制作も行うようだ。

「YouTube Red」は昨年10月にアメリカで提供開始されたサービスで、月額9.99ドル(約1,200円)で利用ができる。日本での価格はまだ明らかにされていないが、おそらくこの金額に近い価格で提供されることになりそうだ。

現在、有料コンテンツ配信サービスについては、NetflixやアマゾンのPrime Videoなど多くのサービスが台頭してきている。

音楽配信サービスについてもApple MusicやAWA、LINE Musicなどそれぞれが独自のサービスを展開しており、YouTubeが新たに加わることで市場にそれなりの影響がありそうだ。

豊富なコンテンツを持つYouTubeが、有料コンテンツ配信業界でどれほど大きくなるのか注目だ。

[ via 日経ビジネスオンライン ]

YouTube Red
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう