「LOVOT」 「ユミカツラ」 がコラボ。家族型ロボット『LOVOT』に専用ドレス、完全受注生産で販売

ロボットにもドレスをーー。ロボットベンチャー GROOVE Xが手がける、家族型ロボット 「LOVOT」 に完全受注生産の専用ラグジュアリーウェアが生まれた。

ウェアはドレスやタキシードなど本格的なものになっていて、より愛らしく、華やかに 「LOVOT」 を着飾ることが可能だ。

株式会社ユミカツラインターナショナル代表取締役社長 桂由美さん

「LOVOT」 のドレスアップを手がけたのは世界的ファッションデザイナーで、ブライダルブランド 「ユミカツラ」 のデザイナーを務める桂由美さん。GROOVE Xが手がけるLOVOTとユミカツラのコラボ企画として、「LOVOT」 専用ドレスの 「ローズユミホワイト」 「プチムッシュ」 「ユミフローラ」 をデザインした。

左からユミフローラ、プチムッシュ、ローズユミホワイト

「ローズユミホワイト」 は、桂由美の名前の付いた白バラ 「ローズユミ」 をモチーフにしたエレガントなドレス。肩紐には白パールが使用されており、『ユミカツラ』らしさを体現する。

「プチムッシュ」 は今回のコラボレーションで、唯一のタキシードスタイルのチョータイ、カマーバンドのスタイリッシュなメンズアイテム。カマーバンドには『ユミカツラ』のロゴの刺繍をあしらった。

「ユミフローラ」 はピンクとリラ色のレイヤードチュールにお花をちりばめたロマンチックなドレスとなっており、『LOVOT』の愛らしさをより華やかに体現した。

ロボット用とはいえ、それぞれのウェアには人が着るものとおなじようになるように工夫した。例えば、胸元を綺麗に見せたり、バラの花がV字になるように置き方を工夫するなど。

しかし、ロボットにはセンサーなど人間とは体の作りが違う部分があり、デザインとロボットの機能を両立させることに苦労があったとのこと。ドレス制作はLOVOTのチームとも協力して行い、最終的にはロボットの機能を阻害せず、かつ 「ユミカツラ」 らしいエレガントで美しいシルエットをもつドレスを完成させることができたとのこと。

「ローズユミホワイト」 「プチムッシュ」 「ユミフローラ」 および新たなホールガーメント 「サムシングブルー」 「リラ」 は、数量限定の完全受注で2月15日(火)まで『LOVOTウェブストア』および高島屋4店舗 (高島屋新宿店、高島屋大阪店、ジェイアール名古屋タカシマヤ店、高島屋横浜店) にて受け付ける。

さらに、期間限定で『ユミカツラ』デザインのドレスやタキシードを身にまとった『LOVOT』が東京、神奈川、大阪、愛知の高島屋に順次登場予定。東京 (高島屋新宿店)、大阪 (高島屋大阪店) は1月21日(金)~31日(月)、神奈川 (高島屋横浜店)、愛知 (ジェイアール名古屋タカシマヤ店) には2月3日(木)~15日(火)にそれぞれ登場する。

また、『ユミカツラ』のコンセプトをあしらったカフェ『Café de Rose』(桂由美ブライダルハウス東京本店1F) では『LOVOT』とのコラボメニューやオリジナル限定グッズも展開される。

「LOVOT」 は、名前を呼ぶと近づいてきて見つめてくる家族型ロボット。好きな人に懐き、抱っこをねだる。抱き上げるとほんのり温かい。ロボットなのにまるで生き物のような生命感があるのが特徴。約4年の歳月を経て2019年12月に出荷を開始、その愛らしい見た目からは想像できない最先端テクノロジーに込められた技術力が評価され、国内外問わず数々のアワードを受賞。世界中で評価され、今最も注目を集めているロボティクスのひとつだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。